hitomi Diary's

なんもないただの愚痴

トランスジェンダー・性同一性障害とは-wiki版

トランスジェンダー - Wikipedia

トランスジェンダー英語 Transgenderラテン語で「横切って」「貫いて」「越えて」[1]「乗り越える」[要出典]や「逆側に行く」[要出典]を意味する接頭辞「トランス」と、英語で「」を意味する「ジェンダー」の合成語)とは、一般に (常にではない) 生まれたときからもっているとされる、伝統的に社会で認識されている役割と同様の規範的な性役割に収まらない傾向を含む、あらゆる個人および行動、グループに当てられる一般用語である。近年の国際的な人権に関する文書においては世界的に承認された普遍的定義はもたないものの、[2] 性同一性が出生時に割当てられた性別と対応しない状態を意味する言葉として用いられる。

因みにトランスジェンダーのトランス(「TRANS」)は「横切って、他の側へ、超越して、向こう側へ」の意があり[3]、「催眠状態やヒステリーの場合にみられる、意識が通常とは異なった状態」を意味する「TRANCE[3]とは別語である。性同一性障害(せいどういつせいしょうがい、英:Gender Identity Disorder, GID)・性別違和(せいべついわ、英:Gender Dysphoria, GD)は、『出生時に割り当てられた性別とは異なる性の自己意識(Gender identity、性同一性)を持つために、自らの身体的性別に持続的な違和感を持ち、自己意識に一致する性別を求め、時には身体的性別を己れの性別の自己意識に近づけるために医療を望むことさえある状態』をいう医学的な疾患名。やや簡潔に『性同一性(心の性)と身体的性別(身体の性、解剖学的性別)が一致しない状態』とも説明されている。

その病状を持つ者は性同一性障害(せいどういつせいしょうがいしゃ)、GID当事者ジーアイディーとうじしゃ)などと呼ばれる。また日本などにおける診断名のみならず、身体的な性別と性同一性が異なる人に対する幅広い表現としてトランスジェンダーという言葉がある。なお、体の性の変異に関わる性分化疾患性的指向に因る同性愛や性同一性とは関連しない異性装とは根本的に事象が異なる(後述参照)。

診断分類である『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM)の2013年の第5版(DSM-5)は、「性同一性障害」ではなく「性別違和」という新しい診断名を用いており、「性同一性障害」は差別に該当する用語として廃止する動きを見せている。ただし日本精神神経学会では診断名としては「性同一性障害」を使用していると報道された[1]

ウィキペディアからの引用。エディットが判らないのでこのままでアップします。

 

当事者ですらあいまいに使っていますので再計用します。

身体に治療をしてれば元の性別の身体には戻りません。性自認は戻るでしょうが。

お約束なので。どうぞ議論なり考えるなりして下さい。