hitomi Diary's

なんもないただの愚痴

横浜市の医療機関紹介、人脈など。

再度の紹介でゲストコメント欄開けました。

反応がかなり薄いのでたまには構って下さい(笑)

 

#一人じゃないよ

 

批判も疑問も私は当事者の代弁者ではありませんが答えられる程度の分は答えますので。

 

横浜の現状は民間機関に頼っていますが医療機関紹介はやはり性同一性障害・性別違和の診断書が取ったりするなどしか無い難しい所なので。

 

それでも横浜市でも保健自治行政医療教育でも実績などを作りましたから。

陳情で公立病院でのGIDGD受け入れをお願いしてますので。

 

陳情前にホルモン治療をして今は統合され民営官設でみなと赤十字病院になった前の横浜赤十字病院泌尿器科の岩崎Drにホルモン治療をお願いしてプレセキソールを処方して貰った経緯もありますし。

 

性同一性障害でも過去に神奈川県立の厚木の保健所にいたコンドーム博士岩室紳也先生にも相談したりしました。

紳也's ホームページ | コンドームの達人/医師の岩室紳也のサイト

 

その後人脈が増えて横浜の港湾企業のお一つの笹田組の奥様笹田様と知り合い横浜の肝っ玉母さんが熱心に活動されている性教育のビデオ撮影をさせて頂き横浜AIDS財団とも繋がりました。

 

笹田様紹介動画-ヨコハマきらきら様撮影


笹田克子さまご紹介


笹田克子さま 前編 ヨコハマNOW第83回横浜スタイル ヨコハマ・キラキラ第7回


笹田克子さま 後編 ヨコハマNOW第83回横浜スタイル ヨコハマ・キラキラ第7回

横浜AIDS市民活動センター(受託 公益財団法人横浜YMCA) | よこはま国際フェスタ

YAAIC 横浜エイズ市民活動センター

http://www.netpro.ne.jp/~any/parts/pages/news/news2018-04.pdf

f:id:unit973:20190315140035j:plain

 

横浜のGID専門医カウンセリング治療の精神科紹介も利用患者さんや医師専用の口コミ見ると元GIDの専門医でもあり当事者でもある松永千秋Drが勤めていた精神科も施設が変わっていて使わない器具などの利用がない機材が多いだのけちょんけちょんになっていたので受け入れ可能かは今は判りません。

 

他の横浜市でも受け入れを表明している民間病院精神科クリニックでも認知行動療法でやる医師が多く、あげくには自助団体との連携など唄っているのでこれはなんだろね(爆笑)やる気がないとか。

 

肝心のホルモン治療は灯台もと暗し歩いていける病院にありました。風邪で掛かったらこんな所にありました(笑)

神奈川県立だった汐見台病院産婦人科レインボールーム。

これはこのブログでも何度も書いてありますが今は都内四谷の主婦会館クリニックエフに移った早乙女智子Drに横浜の専門医で松永千秋Drがいた精神科でインタビューに答えた当時慶応大学大学院所属だった佐々木掌子カウンセラー(臨床心理士日本性科学会認定セックスセラピスト)で自分史や改名時に使った診断書など見せた上で数回見て貰ってGID診断が出てホルモン治療継続になりました。

民間に委譲されて早乙女Drも移動になったのでその際はGIDの医療情報提供書を頂き今通っている精神科クリニックから歩ける距離の産婦人科クリニック

 

産婦人科

医療機関で治療出来なかった中間はタイから個人輸入でしたw

 

汐見台病院が神奈川県立から民間の康心会に委譲されて先生方も入れ替わりましたが、主治医であります。特に呼吸器内科の小川智子Drには説明する事なく受け入れて貰って優しい言葉をくれます。

 

 

それと紹介で都内での「一日でGID診断書が出る病院」が判りましたので一応紹介から除去させて頂きますね。学会からの排除では無いのですがこちらの先生も勉強や他の医師と交流なさればいいんですが。お金の為や当事者よりの有効な病院とみてはいますが。

 

先走ってホルモンをしてその副作用でメンタルをやられ自傷行為する当事者を増やしたくない為と考えて下さい。うるさく書きますがこれ以上若い人や犠牲者を増やしたくないので。

 

今私が現状通院している精神科自社ビルの依存症が専門のクリニックなら今は性同一性障害者・性別違和者の勉強を一緒にしながらなら夜職の方と比較対象になれると思いますよ。

デイケアでは医療費タダでお昼も食べられますし、医療費や生活費が多少浮いてホルモン治療などに振り向けられますからね。

 

まだ同じ当事者が少ないので居場所になりませんが割り切りも自己判断基準に必要ですから。

#一人じゃないよ

 

今のクリニックには一応「性同一性障害」で掛かってはいますが累計6カ所目の精神科クリニック通院ですが、実際今の所は日常生活では不眠症だけです。

 

戸籍の書類の性別も使う場面で困る所ではありますので身近でこういう部分のカウンセリングや治療が出来る医療機関が地方にも出来るといいですね。

 

#一人じゃないよ

 

一旦ここまで。