hitomi Diary's

なんもないただの愚痴

トランスジェンダーとの区別2

こんにちわ。

ずけずけとモノを書かせて頂きます。

 

トランスジェンダー性同一性障害性別違和性別不合では無いと埋没者は少なからず考えていると思います。

脱病理化で治療が無くなり自称だけで名乗るトランスジェンダーと違いがはっきりしてきます。治療医療を求めるGID者とは治療を要しないLGBTとは考えも全く違います。

 

最近の当事者さんは昔のGID第0時代と違って「真のGID論争」を知りません。

昔はこの論争でも妻子やパートナーがいる方は「真のGIDではない」とか言われて排除されてきました。私は以前から書いてある様にパートーナーはいない独身でもあります。それはパートナーさんを泣かせたりしないために独身を貫いてきました。

 

最近のLGBTの風潮やトランスジェンダーの流行とは「真のトランスジェンダー論争」でもあります。

馬鹿馬鹿しく見ている当事者さんもいますし、埋没して第三者として見ている当事者さん、不安恐怖を抱えている当事者さんもいます。

 

私は地で多様性ダイバシティを実践してきてますしいろんな性別移行者のコミュニティも実際に見聞きしてきてますからこの様な「真のGID論争」などは馬鹿らしくて距離を置いたり当事者さんの界隈から離れていましたから。

だからこそ多様性ダイバシティの寛容性も失う事無く生きてきています。

 

それと性同一性障害を含む先人たちの一部は自分の素直な気持ちを出して必死で生きていますから嘘偽り無く生きている筈です。

 

最近の治療当事者さんは社会の差別偏見で怖くて気持ちも出せない位怖いのです。

それで教育の場など学習や社会経験も薄い方もおられます。

人付きあいでも経験が薄い方もおられるようです。同じ気持ちを持つ当事者さんに対しても隠す事も多いですね。だから最近の治療当事者さんは自分を出せず当事者同士の交流すら薄いようです。

またトランスジェンダーを含む性別移行者は前記の様に差別偏見を恐れてこの様に書く事も恐れて表に出てきません。それ故社会経験など多少困難を抱えていますが見下したり特殊、異となる人と捕らわれずに普通に接して頂きたいのが望みです。

 

それ故に最近のLGBTの風潮で素直な気持ちの性別移行治療当事者さんの心を揺るがしたり昨今のWHOの改正も知らずに「トランスジェンダーは10年後には必ず手術しなくても性別が変わる」と風潮や断言したりして巻き込み当事者さんの心を迷わせます。これはまだ現段階厚生労働省の日本語訳が出ていないのできちんと断言出来ない筈なんですが。

 

 

多様性ダイバシティとはそういった偏見など持たずにきちんとした広い目で寛容性で受け止め見るの同意語だと考えます。

 

今回のLGBTの流行風潮はトランスジェンダーを含む性別移行者のコミュニティの垣根を低くしてくれました。これは素直に感謝致します。

私もクリニックなどでニューハーフさんと知り合いました。

 

そして以前からのお付き合いでもある女装さんとも色々やらせて頂きマジョリティの方にも支援して頂いております。

 

 

これから私を生かせてくれた人の感謝も込めて早速全国もこっそり(笑)行きますので。

 

元々目立つのが大嫌いでLGBT活動家の様に表に立つ事が好きでないので。人を立てたり育てたりする裏方、男性を立てる様な事が好きなので(笑)

今年は当事者さんに逢う旅になります。

 

6/11追記ね。

「脱病理化」と書いてありますが、正しくは「精神医療からの脱病理化」なので、他の連携する産婦人科、婦人科、形成外科、泌尿器科などではまだまだ見込みがありますので一喜一憂しないようにね。

 

それではまた。

#一人じゃないよ