hitomi Diary's

なんもないただの愚痴

LGBTトランスジェンダーと社会資源(就職関係)

おはようございます。

 

このタイトル、前にも書きましたよね。

 

昨今LGBTトランスジェンダーの認知度で「権利が~社会が~差別が~就職が~」など言い出す人が増えています。

 

就職に至ってはLGBT専門の就職サイトも出来ています。まあこれには文句は言いません。

 

「就職が~」と言っている方、現状ある社会資源を見逃してませんか?

鬱などで苦しんでいたりすれば、障害者手帳も交付される筈ですね。

悪用する方がいるので、あまり書いてきませんでしたが障害者枠で就職出来るでしょ?

 

見逃していませんか?これで行動を起こさない方は障害やLGBTに甘えて、社会人として働かない堕落者にも見えてしまいます。

 

LGBTの前に皆さん社会生活を営んでいる人間ですから。

LGBTや性別移行者は特別な人間でもないので、こんな障害とかLGBTトランスジェンダーに甘える人が、昨今勘違いしたり、問題をすり替えるだの、LGBTトランスジェンダーと言う属性や障害に甘える性的少数者の当事者が数多いですね。

 

私も今ある社会資源を使って支援利用者になっています。

 

LGBTトランスジェンダーだから就職も出来ない、働けない」じゃなく「LGBTトランスジェンダーと言う属性に甘えて、働かない」じゃありませんか?

この様に甘えたり社会の諸問題をLGBTトランスジェンダーなどにすり替えたりするなら、切り捨てるだけなので。

 

そんな感じで、ではね。

 

#一人じゃないよ