hitomi Diary's

なんもないただの愚痴

横浜市のパートナーシップ制度-委員会質問答弁

お早うございます。

昨日の横浜市パートナーシップ宣誓制度委員会答弁についてフェイスブックに書きましたので転載致します。

#横浜市 #横浜市会 #性的少数者 #パートナーシップ
今回はご迷惑も考えて少数の関係の方々のみタグ付けはしています。
横浜市のパートナーシップ宣誓制度に関しては現状私個人では恩得はありません。
無理やり繋げるとしたら私の住んでいる公営住宅で同性パートナーと婚姻同然で住む事にもなるでしょうか?私が戸籍まで変えて住むのであれば普通の家族と変わりません。それだけ現状社会システムが違うと言う事になります。自治会長さんにカミングアウトしているので自治会では話は回っているでしょうし。
まあ性的少数者トランスジェンダー性同一性障害性別不合を含む性別移行者は元の性別を知られるのは日常生活を脅かされる事が多いのです。だからこそ当事者コミュニティを離れ、望みの性別で静かに社会に埋没していくのです。
横浜市のパートナーシップ宣誓制度の様に「宣誓の為に前もって人権課の窓口で予約する」は完全に元の性別も明らかにする「アウティング」であり一歩間違えれば「SOGIハラスメント」になり得る行為で例の福祉パス発行の際の日本郵政職員に疾患名を告げる「アウティング行為」と同様の事例にもなり得ます。
横浜市行政は「当事者のひとりひとりに寄り添う」と言いながらこれは全く整っていない実例がまたひとつ出来たような気がします。性的少数者全員がカミングアウトをしている訳ではないので。
私自身はこれでは半クローゼットでは無いですね(笑)
あとは私が自分で生きるすべを考えますね。
そんな事でカナロコからの記事です。しぇあして下さい。

headlines.yahoo.co.jp

 

それでは。

#横浜市

#パートナーシップ

#横浜の明日へ

#一人じゃないよ