hitomi Diary's

なんもないただの愚痴

LGBTの大流行のなれの果て

f:id:unit973:20191211130237j:plain

こんにちわ。

 

「タピオカブーム」も人によって流行したものではありますが、こちらもほぼ「男性目線」で作られたブームでタピオカのスポットにターゲット層でもある女性目線では当たり前の様な「トイレが少ない」と言う事が抜け落ちて作られました。

 

この様に「LGBTも大流行のなれの果て」がこの様な記事になって来ています。

www.nikkei.com

 

記事引用です。

 

一部の回答者への意識調査では、「LGBT」という言葉は91%が知っていたが、正しい意味を理解している人は57.1%にとどまった。

また83.9%が周囲に当事者はいないと回答。多くの人が存在を実感できていないことが浮き彫りになった。

 

私の周りでも「LGBTに理解する」と言う男性側から言われた話は「男性同性愛者の性嗜好」の話ばかりが聞けています。

これはテレビメディアが作り出したとも言える「オネエ」キャラの芸能人の存在しか認識していない所です。

 

性別移行の「オネエ」の芸能人は「毒舌」を持って「女装という性表現を自衛武装」している方も多く、その方たちしかスポットが当てられていないと言う面がテレビメディアには蔓延しています。だからこそ一般の人が性別移行者を認識するのはその様な「オネエ」キャラの部分が際立って行くのかと推察されます。

 

美輪明宏さん、そしてカルセール麻紀さん、はるな愛さん、そしてミッツマン・グローブさん、マツコ・デラックスさん。

一般の方が見てもどなたも同じ「女装をするオネエ」でしょうね。

 

その様な古い感覚で、カテゴリーに括って、その方を見る時代は終わっていきます。この「LGBTの大流行」と共に。

 

トランスジェンダーを自称しない女装家と言っているミッツさんがインタビューにも答えています。

 

www.huffingtonpost.jp

 

私は「LGBTと言うカテゴリーに括らず」その人なりの「個も生かす」事だと考えます。

 

時代と共に「LGBT」と言うカテゴリーは「SOGI」にも変わっていきます。

性的少数者(LGBT)とは関係無く、じっくりとその人なり見てみませんか?

私たち「性的少数者」は時代の寵児でも何でも無く「過去・現在・未来」に存在しつつけます。

 

#一人じゃないよ

#あなたらしく自分らしく

読売テレビ「かんさい情報ネットten.」 BPOが「放送倫理違反」と意見書公表

f:id:unit973:20191125130351j:plain

 

お早うございます。

 

余り大きくは語りません。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

NHKオンラインでも。

 

www3.nhk.or.jp

 

BPO放送倫理番組向上機構の委員会意見書議事録を拝見いたしました。

https://www.bpo.gr.jp/wordpress/wp-content/themes/codex/pdf/kensyo/determination/2019/31/dec/0.pdf

 

昨夜早速「理解啓発資料」とするために印刷してみて、じっくり読まさせて頂き、ここでもすっぽり抜け出ている所が一つありました。

 

それは「報道する、映像を制作する、ニュース報道をする、メディア側にも当事者は必ずいる」という事です。

 

私は仕事でもある報道を通して「人権利権」は知っていますが大きく騒いでその「人権利権」を言おうと騒いでいる訳ではありません。

 

しかし「自分さえ良ければ」「私利私欲」でも動いている一部のLGBT活動家が、この問題でも騒いでいました。

 

性的少数者は何も特別では無く身近に存在します。

BPO放送倫理番組向上機構の委員の皆様も性的少数者の存在もテレビメディアに出ている一部の「オネエ」の芸能人だけの認識では無く「地位が高い委員の方々と同じ立場に性的少数者がいる」と言う事も噛みしめて頂きたいと思います。

 

後はこの放送後に問題を起こしたテレビ山口さんのご対応待ちにもなります。

 

hitomi973.hateblo.jp

 

なおこの事例二つを当事者側から見るとお二人とも性別に問われない生き方の「Xジェンダー」さんと思いますので、キチンと調査して見て一辺倒の「T・トランスジェンダー・性別移行者」では説明も出来ないかと思いますから、その点良く考えて報道なさって下さい。

 

Yahoo!の動画ニュースで在大阪民放テレビ局がこぞって、この話題を取り上げていますが決して「余所の局の事」と思わずに「自分の局でも一番にあり得る」と思ってご対応して下さい。

 

追記でこの記事の最後にWikiでも「Xジェンダー」さんの事がありましたが、「Xジェンダー」を当事者さんの臨床から見つけたのは、ジェンダークリニック専門医である東京都世田谷区で独立開業されている私の主治医でもある「松永千秋医師」でもあります。

この「松永千秋医師」と東京お茶の水で独立開業されてGID臨床でも当事者を長年見ている私の以前の主治医でもある「針間克巳医師」とのすり合わせで、現在の「性別に捕らわれない生き方」の「Xジェンダー」さんが表立つようにもなりました。

 

ja.wikipedia.org

 

それでは。

 

#一人じゃないよ

#あなたらしく自分らしく

 

LGBTAQ+用語集ーQ

f:id:unit973:20191207180418j:plain


お早うございます。

 

最近「LGBT」に「AQ+」とも付く事もあるかと思います。

その中でQについてわかりやすいサイトとそれを指摘するサイトをご紹介します。

 

実は私も一方的にしか認識していませんでした。

 

jobrainbow.jp

名古屋レインボープライドでQ「クエスチョニング」の当事者さんを目にして認識も変わりました。

 

またQで「クィア」の指摘は「障害者ドットコム」からの記事です。

shohgaisha.com

 

こちらも「自己肯定感」で一応属性性用語にもなっていますね。

 

横浜は「多様性ダイバシティ」で「許容性・寛容性」が高い街なので、拒否する事は無いと考えています。

 

しかし今は「LGBTAQ+」を超えて、次の時流になっていると思います。

 

当事者さんがどう自称するのか、自分をどう表すのかはその当事者さん個人に掛かるかと思います。

 

私としては「LGBTAQ+」の当事者さんと対峙して属性ではなく「その人なりの人柄」を見て欲しいと考えています。

 

では。

 

#一人じゃ無いよ

#あなたらしく自分らしく

LGBTQ100人のカミングアウト2019 【 僕たちの未来のために 】

 

f:id:unit973:20191207180418j:plain

Youtuberかずえちゃんの活動から。

 

かずえちゃん自身が自分の「立ち位置」で本当に輝いています。

もちろんこの動画に出ている当事者さんも輝いています。

 

かずえちゃんとは以前連絡を取らさせて頂きかずえちゃんが思う「カミングアウト」への姿勢もお伺いしています。

 

私は「オープントランス」では有りませんが、この様な動画やイベントに参加すると皆さん輝いているんですね。
 
私は敢えて「カミングアウト」は勧めませんがご自身の立場や置かれている環境も考えて「カミングアウト」を頑張って下さい。
 


LGBTQ100人のカミングアウト2019 【 僕たちの未来のために 】

 

では。

 

#一人じゃ無いよ

#あなたらしく自分らしく

LIVE PRIDE-ネットレポートから

f:id:unit973:20191208125337j:plain

 

ある程度「LIVE PRIDE」は賞賛されつつレポートが上がっていますが、私は「この一回で済んで欲しくない」と言う「後世を見据えて」の考えです。

 

gladxx.jp

「一回で終わって欲しくない」「LGBTを単なる流行では無いもの」と考えて活動します。

 

これは昔から変わりません。煙たい事や煙たい批判はいつでも投げますから、皆様その気持ちで活動を頑張って下さい。

 

コカコーラさん、関係者さんよろしくお願い致しますm(__)m

 

まだまだ修行です。

 

#一人じゃ無いよ

#あなたらしく自分らしく

 

 

ピクトグラム

f:id:unit973:20191208084539j:plain

お早うございます。

 

関西でこれから活動する若い当事者のお友達が「公共トイレのピクトグラム」で話題を投げかけてくれました。

 

公共の場所で場所を記す方向案内板や性別を分けるマークは「ピクトグラム」と言いますね。

 

一般的な公共トイレの分け方は「男=青色」「女=赤色」と分けられていますが、そこからも人間はジェンダーバイアスの刷り込みの追加部分でそう考えて思い込んで意識してしまいます。

 

ja.wikipedia.org

 

これは幼い頃からの「ランドセルの色」にも通じるものでもあります。

 

色に当たっては「人間の刷り込み・ジェンダーバイアス」から来るものではありますが、多くの日本人が「それは当たり前・一般常識」と考えている意識もある所も「知識見識が無いな」と思います。

 

今はランドセルの色でも多様性で色んな色にも変わってきていますが、未だに地方都市では身近にこの様な公共トイレの案内板が色分けでこの様になっているので、ランドセルの色さえ「男の子=黒色ランドセル」「女の子=赤色のランドセル」を買い求める親御さんがいるかと思います。

 

話をトイレに戻しますが、最近になってきて「LGBTトイレ」も目立つようになりましたが、あれもXジェンダーさんやパス度に自信が無い(ごめんなさい)性別移行者さんには助かりますが、もう社会で戸籍変更している当事者さんに取っては「元の性別を知られかねない」としてSOGIハラスメントにも近いものとしても避けて行きます。

 

LGBTトイレは一部の当事者に取ってはお節介」なんですね。

 

またある程度「女子トイレで盗撮」とか事件を起こしている輩がいますが、それだけを気にして「トイレからのトランス女性排除活動」などしている一部の馬鹿者もいますが、それならば自分自身が犯罪から距離を置いて多目的トイレに入ればいいだけですね。

私たちも「多目的トイレ増設」ならば賛成致します。

 

私の個人の公共施設での対応は過去記事より。

hitomi973.hateblo.jp

 

ピクトグラムジェンダーバイアスの塊としても見て良さそうです。

 

ではね。

#一人じゃ無いよ

#あなたらしく自分らしく

「パートナーシップ宣誓制度」を導入 鎌倉市、県内4番目

f:id:unit973:20090419114811j:plain

こんばんわ。

神奈川新聞のサイトが出先では不安定でしたので掲載致します。

 

www.kanaloco.jp

記事から引用。

  法的効力はないが、市営住宅の入居申し込みに利用できる。市は、家族に限られている病院での立ち会いや面会にも利用できるよう民間の病院などに周知していく考え。

 

横浜市と同じように病院などや公営住宅の入居申し込みに利用できるのは本当に有難い事でもあります。

 

それでは。

#一人じゃないよ

#あなたらしく自分らしく