hitomi Diary's

なんもないただの愚痴

天皇陛下60歳の誕生日のお言葉

 

f:id:unit973:20200223034049j:plain

お早うございます。

枕もとでラジオをつけっぱなしで中途覚醒

天皇陛下の誕生日のお言葉。

LGBTs」や「性的マイノリティ」に関して問いかけられて国民の問題として直接言及された訳でないが認識されている。

追記。令和2年2月23日1445リンク追記

 

www3.nhk.or.jp

(問)先ほど、2番目の質問で、陛下は変化の激しい時代だというふうにおっしゃいました。この平成の初期と比較しますと、外国人労働者を始め、在日外国人の方々の増加、また外国にルーツを持つ日本人の増加が挙げられると思います。また、様々な障害を持たれた方々やLGBTといった性的マイノリティの人々が掲げる問題についても顕在化したと言えると思います。上皇上皇后両陛下は、社会の片隅に暮らす人々に対して光を当ててこられましたが、新たな国及び国民の象徴となられた陛下は、このような人々に対してどのように寄り添い、光を当てていきたいというふうにお考えでしょうか。

 (回答)上皇上皇后両陛下が、今お話のあったような方々に対しても、心を寄せてこられたことを私もよく存じておりますし、そのような上皇上皇后両陛下のなさりようをお側で拝見しながら、私も、本当にこの世界にはいろいろな方がおられ、そういった多様性に対して、私たちは寛容の心を持って受け入れていかなければいけないと常に思ってきました。私も引き続きそのような方々に対する理解も深めていきたいと思っております。

天皇陛下の受け止め方。私と同じく「多様性」「寛容性」 

 


天皇陛下、きょう60歳の誕生日 会見全文(20/02/23)

本当に有難い、感謝致します。

私が直接拝謁した訳ではないけれど陛下のおじい様の昭和天皇に亡き祖父が叙勲勲章を貰い拝謁された事も何か巡ってくる様にも思えます。

国民の一人一人に寄り添って下さる皇室は天皇制の可否に関わらずうちの家系にも何かしらの縁も感じます。

この1か月でうちの家系をブログに書いただけに偶然ではなく本当に必然性で毎日毎日恵まれるんだろう。

この様なお言葉を聞いて私の性別移行を知って絶縁状を突き付けた叔父はどう思うだろうか。

 

note.com

追記リンクー宮内庁

www.kunaicho.go.jp

 

それでは。

#一人じゃないよ

#あなたらしく自分らしく